Entries

昨日のブログに質問!

28031210250.jpg

((K-co))
エレキギターって素人からするとみんな同じ音色のように思えるのですが、94種類も出せると言ってますがそれらの違いをわかり易く説明してもらえますか?

((+9))
OK! 素人の方にも納得いくような説明になるよう努力しま〜す!

まず、人の声を思い浮かべて下さい。色んな声の人が居ますよねぇ、高い声、低い声、ガラガラ声、だみ声、ハスキー、ウグイスの様な声、金切り声、、、でも、いくらなんでも90何種類は有りませんよね。。。

実はエフェクターも大きくグループ分けすると次の様に3種類しかありません。
エレキギターの音は元々は澄んだ美しい音です。人間で言うとウグイスのような美しい声です。それをエフェクターに通す事で次のように色んな音にする事ができるんです。

 1. ひずみ系 :ハスキーな声、ガラガラ声、だみ声に変える
 2. 空間系  :カラオケのエコーだったり、お風呂だったり、スタジアムにいる感じにする
 3. 揺らし系 :自動的にビブラートをかけたり、ワウワウ感、シュワシュワ感を出す

例えば、ハスキーな声でお風呂でビブラートをびんびんにかけた感じにしたい時には、そのようにエフェクターを組み合わせるという感じですかねぇ。ハスキーにも青江三奈風あり、森進一風有り、リリー風有り(古い!)、と言ったところでしょうか???

各社とも独自性を出そうといろんな種類のエフェクターを世に出しています。有名どころを集めただけで94種類にもなってしまったという訳です。

(写真はSRVも使っていたTS-9というエフェクター、こんなのが94種は入っている訳です)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://wtrouble.blog.fc2.com/tb.php/94-8a58a8a5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

DOUBLE TROUBLE

The Blues Rock !
このブログは、ギターの((+9))とベースの((K-co))で運営しています。
ライブ動画を中心にアップしていきますので時々は見に来てね!

タイムマシーン

オフステージ

♫New Double Trouble♫

At TwoFive Studio
{{ メンバー紹介 }}
右から
ボーカルの長男 Dunkaloo
ベースの((K-co))
ギターの((+9))
マネージャーの次男 Du